仕事にチャットを導入する

ボタン

ビジネスチャットを導入する企業が増えています。ビジネスチャットには、提供する企業によってさまざまなサービスがあるので、自社にあったものを選ぶことが大切です。比較サイトや資料請求を利用することで、自社にあったサービスを選ぶことができます。

詳しく見る

おすすめ記事一覧

Menu

メール配信サービスの衰退

システム

安否確認の手段として電話回線の混雑等に影響されないメール配信サービスが主流となっていましたが、個人情報管理や登録情報の最新化をするための運用に大きく負担が出るため、最近はSNSサービスによる安否確認へと切り替わりつつありますので、企業にとって有効な安否確認をよく検討し定めておきましょう。

詳しく見る

会社の情報共有が変わる

吹き出し

ビジネスチャットを導入する企業が増えています。ビジネスチャットは、情報の共有や、やりとりを簡単にしたり、仕事を円滑に進めるうえで大きなメリットがあるからです。最近では、たくさんのビジネスチャットを提供している企業があります。導入を考える際は、比較サイトなどを利用しましょう。

詳しく見る

安否を確認するためには

オフィス

会社は災害が起こったときに、余計な混乱を招かないためにも、メールを一斉送信できる安否確認サービスに加入しておきましょう。なお、滅多に起こらない大災害だからこそ、信頼性が高い安否確認サービスを利用しなければいけません。

詳しく見る

比べていくことで

チャット

ビジネスチャットを比較していくことで、とても大きなメリットがあります。どんなサービスを利用していくのかで機能や費用などもかなり変化していくことになります。利用しやすいサービスを選択することも求められています。

詳しく見る

社員の安全を確認する為に

ネットワーク

導入すべきシステム

東日本大震災以降、企業や法人がBCPと呼ばれる事業継続計画を策定する時に、地震などの災害直後の一番最初の対応で非常に重要なのが「安否確認」です。事業や会社業務の仮復旧を行う時に、従業員や社員の安否確認ができていなければ人員の配置も充分に行うことが出来ない為、迅速で正確な安否確認が企業や法人側には求められるでしょう。その安否確認の為に、システムを導入したり、連絡網による安否確認の仕組みを作る時に、重要なのが複数の通信手段を併用することです。東日本大震災の時には安否確認の方法として携帯電話のメールと電話が全国レベルで利用されましたが、電話通信各社の大規模な通信障害によって、長時間利用できなくなり、安否確認が機能しない非常に深刻な状況が発生しました。近年では、インターネットの普及により災害に強い通信手段が増えてきました。例としてソーシャルメディアやインターネット回線を用いた連絡ツールなどが挙げられます。電話会社も災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板を用いるようになりました。社員や授業インが自分の電話番号に安否情報を登録し、それを安否確認の担当者が個別に集約をする方法もあります。スムーズなシステム運用をする為にも、普段から利用の訓練をして、使い方を周知させたりすることが重要です。また担当者も一人に限定せず、担当者自身が被災者になることも想定して、複数の端末や担当者で運用することが必要と言えるでしょう。

Copyright© 2017 安否確認ソフトの導入を検討しよう【使い方を解説】 All Rights Reserved.